トップページ 国へ提言 粕屋町へ提言 お問い合わせ プロフィール

一般質問《2022年》


議会の会議は、定例会と臨時会の2つあります。

定例会は、3月・6月・9月・12月の年4回の会議です。
臨時会は、必要な時に開かれる会議です。
このページは、定例会における、福永が粕屋町に対し質問した内容です

【3月議会】
@ 緊急時の保育園の開園について
A PTAの脱強制加入、及び、会費の繰越金の返金について
B 町内会費の繰越金の返金について

動画配信

【6月議会】
@ 終活登録について
A 消防団の操法大会について

動画配信

3月議会




【質問内容 @】
緊急時の保育園の開園について


《質疑の詳細》
新型コロナウイルス感染症による影響で、全国的な小中学校の休校が始まって2年が過ぎた。
直近では、感染が若年層に広がり、保育園の休園が発生している。

ひとり親であったり、時給で生計を立てていたり、非正規雇用であったり、緊急時であっても仕事を休めない保護者を把握しているか?

また、その様な保護者に対する臨時の保育サービスの設置を提案する


【質問内容 A】
PTAの脱強制加入、及び、会費の繰越金の返金について


《質疑の詳細》
PTAは、任意の社会教育団体であるが、実際は、保護者の意思を確認せず、強制加入になっている。
粕屋町個人情報保護条例には、個人の同意なしに個人情報を提供してはならない、と明文化されており、現状のPTAがどのようにして児童・生徒の情報を入手しているのか、条例違反とならないよう、最低限、入会にあたり、保護者の同意を取ることは必然であろう。

2年間に及ぶ、新型コロナウイルス感染症の影響で、PTAの行事が中止になっている。
それにより、会費の繰越金が発生している現状、保護者に会費の返金を求めるもの。
行政は、社会教育団体の運営には介入しない、と言う立ち位置であるが、PTAに対し、アドバイスを求めるもの


【質問内容 B】
町内会費の繰越金の返金について


《質疑の詳細》
2年間に及ぶ、新型コロナウイルス感染症の影響で、町内会の行事が中止になっている。
行政は、町内会は自主運営であり、介入しない、との立ち位置であるが、返金をアドバイスできないか、求めるもの

6月議会




【質問内容 @】
終活登録について


《質疑の詳細》
2018年5月、神奈川県横須賀市が全国の自治体で最初に始めた事業。
内容は、本人が倒れた場合や亡くなった場合に、せっかく書いておいた終活ノートの保管場所や、お墓の所在地さえ分からなくなる事態が起きており、この様な終活関連情報を生前に登録する事業。
万一の時に、本人が指定した、病院・警察などに開示し、本人の意思の実現を支援する制度。

粕屋町でも、住民登録の際に、そのような就活情報を住民票の中に埋め込んでみてはどうか、と提案する。
粕屋町としては、考えていない、との答弁だった。


【質問内容 A】
消防団の操法大会について


《質疑の詳細》
2021年8月、総務省消防庁は、平時の消防団活動の在り方として、団員に負担が掛からない、必要かつ効率的な訓練の実施を、また、操法大会については、競技性を抑止するなど、見直しを求めている。

全国の消防団員(OB含む)の声として、操法大会を前提とした訓練が負担になっているとの指摘がある。
粕屋町の団員から、同じような声はありますかとの質問に対し、町の答弁は、声はない。

団員数が定数割れしているが、その原因はとの質問に対し、町の答弁は、団活動と仕事の両立が困難との認識。

近年、火災においては、消防署が設置されており、また、住宅環境も防火体制を備えたものとなってきており、火災発生に対する消防団の役割は昔ほど必要がない。
一方で、台風・豪雨・地震などの自然災害の救助活動においては、消防署だけのマンパワーでは不足し、幅広くマンパワーを供給できる消防団の役割は大きい。
時代と共に、消防団の役割を見直していくべき、との質問に対し、町の答弁は、操法大会は大事だ